読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おたログ

おたくのブログ - TwitterID:@Starlight_nanjo -

Masterになりました。

今回はShadowverseの記事です。

 

 

やっと...。

 

 

 

やっと......。

 

 

 

やっと.........!!

 

 f:id:Starlight_nanjo:20170310002640p:plain

 

Masterランクに到達しました!!!
シャドバはリリースされてすぐ始めたのにこんなにも時間がかかってしまいました。
お恥ずかしい。。。

 

そんなワケでMasterランクになったのでドヤ顔でデッキレシピなんかをTwitterに上げてみようかなとか思っていたのですがTwitterに上げれるほどしっかりしたデッキではないのでこのブログで紹介しようかと。

 

 

今回はAA0~Masterまで主に使用していた2つのデッキを紹介したいと思います。

【ドロシーウィッチ】

 

f:id:Starlight_nanjo:20170310002714p:plain

 

言わずと知れたバハムート環境での覇者。チートレベルにお強いデッキだと思います。
僕が何も考えずに使っても勝ててしまうこのデッキはかなりお世話になっていてAA0~AA3半ばくらいまでのBPの大半はこのデッキが稼いでくれました。

  • ポイント

何か他と差をつけたかったのでミニゴブでレヴィ確定サーチを狙ったデッキになっています。後攻では3T目に置くことで4T目進化からのルーンのコンボがかなり強いデッキかと。先行でも5T目にミニゴブからのレヴィ進化で次のターンに紅蓮,ルーンでスぺブヲガンガンしていくムーブが強みだと思います。

また,顔に直接打てるデモスト,エンスナに加え,ルーン,死の舞踏,更には研磨でとことん攻撃型のドロシーウィッチに仕上げています。ドロシーからの刃の魔術師+研磨の魔法は個人的にとても魅力的なコンボだと思います。

このデッキ使っていて楽しいのが相手のヘルスを2,3まで減らせればトップ解決できる確率がものすごい高いです。ディスティニードローがバンバンできます。誰でも主人公になれちゃいます。

  • 入れ替え候補

カード入れ替えるならば研磨、エンスナ辺りは外してもいんじゃないかと。入れるカードの候補としては虹の輝き、氷像、運命などが考えられますかね。ディザスターウィッチなんかを入れて攻めに特化させるのも面白いかと。

 

結局、僕もAA3途中あたりからは以下のように構築し直してました。

 

f:id:Starlight_nanjo:20170310002743p:plain


研磨が初手で来るとかなり腐ってしまうのと,序盤に盤面が取れなさすぎる、ドロシーが来ない等の問題でエミル、運命を採用して安定感を出しました。

 

 

ミニゴブ、ルーンがナーフされてからはあまり使ってませんがまだまだ戦えるかなと思ってます。しかし最近流行りのフェイスロイヤルさんにボッコボコにされる機会が多いので次に紹介する冥府エルフに逃げました。

 

 

 

【冥府エルフ】

 

f:id:Starlight_nanjo:20170310002820p:plain

 

最初の環境で猛威を振るった冥府エルフの強さは今も健在してると思っていますし今の環境になんだかんだで刺さっていると思い使っています。超越やランプドラゴン、ネフティスネクロなんかにも結構勝てている印象です。アグロ系のデッキにはエンシェントエルフで凌ぎ、森の意志で一掃し、フェアリービーストを出して相手を降参させるムーブができればイケます。AA3半ばからMaster昇格まで愛用しておりました。

  • ポイント

基本カードは冥府って30枚ちょいどのデッキでも同じだと思うんですよ。だから基本的な構成、プレイングの仕方も同じです。僕はリノで終盤叩きこめるときは顔狙いますが結構除去なんかに使っちゃうのもアリな気がします。

今回採用してて強いと思ったのが天馬のエルフですね。コイツがいるだけでドラゴン相手でも立ち向かえます。あとはお守り代わりの根源。コイツはナーフ後も僕が1枚採用していたのでその名残です。意外に役に立ちます。

このデッキ本当に書くことが無いのでとりあえず作って使ってみて下さい、お強いので。

  • 入れ替え候補

このデッキは入れ替えなくてもマジで強いと思うんで入れ替えなくていいです。
ウィッチ対策でリザなんかも入れたかったんですが入る余地がないです。
あと、冥府なんかは安定感を持たせたいのでデッキ確認画面をスクロールしなくても収まる16種以下のデッキ構成が良いかと思います。

 

 

 

クソみたいな解説しか書いてませんが使ってみれば良いところが2つとも分かり易いデッキだと思ってますので是非一回使ってみてください。
Masterになったのでたまーにシャドバの記事書きたいと思います。では。